紀要論文 継承的アーカイブの活用と「次世代の平和教育」(2) -長崎市立山里小・城山小の実践を事例として-
Leveraging inherit a archive and peace education of the next generation(2) -Nagasaki municipal Yamazato elementary, Shiroyama elementary practices as case-

外池, 智  ,  TONOIKE, Satoshi

内容記述
本研究は,2009年度から推進している戦争遺跡に関する研究1,2012年度から推進している戦争体験「語り」の継承に関する研究2の継続研究であり,2015年度から取り組んでいる継承的アーカイブを活用した「次世代の平和教育」の展開に関する研究3の一端を発表するものである. 戦後71年の歳月が経ち,戦争体験を語れる終戦時の年齢を仮に10歳とすれば,もはやその人口は全人口の8%となった.こうした状況の中,直接的な戦争体験の「語り」ではなく,継承的アーカイブを活用したいわば「次世代の平和教育4」と呼ぶべき実践が,刻々と展開されている. こうした現況を踏まえ,ここでは特に「次世代の平和教育」について,1984(昭和59)年度から取り組まれている長崎市教育委員会による「平和教育研究校の指定」を取り上げ,2015-2016(平成27-28)年度指定校の山里小学校,そして2014-2015(平成26-27)年度グループ指定の城山小学校を取り上げ検討していきたい.
"This study is ongoing research studies on the inheritance of war has promoted research on war-related sites are promoted from the2009 fiscal year in fiscal 2012 ""talk"", and by 2015 In the forth part of the study on the development of peace education of the next generation using hierarchical archiving is working from a year. Age of war after World War II 71 years have passed, and talk about the experience of war if 10 -year-old, no longer the population total population 8%. Narrative in such a situation, a direct war experience, not by using the hierarchical archive so to speak, ""peace education of the next generation, [4]"" and practice should call the time people have been deployed. Featured here especially being worked from1984(Showa 59)year for peace education of the next generation, taking account of these present Nagasaki City Board of education by specifying peace education research school, Yamazato elementary school fiscal year2015-2016(March 27-28), and 2014-2015(March 26-27)We consider the Shiroyama elementary school year groups specified."
本文を読む

https://air.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2855&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報