Departmental Bulletin Paper 全国学力・学習状況調査の平成27年度の理科について -秋田県と千葉県の状況を中心に-
Analysis of the national achievement test of science for elementary school 6th grade students and junior high school 3rd grade students in Japan in 2015 -mainly the results of Akita and Chiba Prefectures-

石井, 照久  ,  石丸, 杏子  ,  ISHII, Teruhisa  ,  ISHIMARU, Kyoko

Description
平成27年度に実施された全国学力・学習状況調査のうち,2度目として出題された理科について解析を行った.その結果,小学6年生への出題のうち3か所に(顕微鏡の操作に関する出題,水のあたたまり方に関する出題,月の方位に関する出題),中学3年生への出題のうち2か所に(湿度に関する出題,凸レンズの実験に関する出題),それぞれ疑問を感じた.それは,教科書により該当部分の説明が異なるため,正答率に影響が出たのではないかと思われる場合があった(4件)のと,教科書に説明がなく発展的な内容であるため,正答率がとても低くなったのではないかと思われる場合があった(1件),からである.また,秋田県と千葉県の状況を,学習状況調査の結果等を踏まえながら考察を試みた.
Analysis on the national achievement test of science for elementary school 6th grade students and junior high school 3rd grade students in Japan in 2015 was carried out. We found some problems about the questions in the national achievement test of science. To solve some questions in the achievement test, some textbooks in an elementary school or junior high school do not have full explanations. In this paper, the results of Akita and Chiba Prefectures are also discussed.
Full-Text

https://air.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2863&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

Number of accesses :  

Other information