Departmental Bulletin Paper 教員養成課程大学生が持つ月の位相の認識
Undergraduate Students’ Conception of Moon Phases

長沼, 侑生  ,  川村, 教一  ,  NAGANUMA, Yuusei  ,  KAWAMURA, Norihito

Description
教員養成課程大学生を対象として,月の位相の認識に関連する内容の理解状況について質問紙調査を行った.この結果,月の位相について適切に説明できる者には,次の事柄が当てはまることが明らかになった.・月の昼半球は太陽光が差し込む側にあることを認識している.・宇宙からの視点を地表における視点へ心的に移動させることができる.・月食のしくみも適切に説明できる.・月の公転軌道図が概念モデルの模式であるとは必ずしも認識していない.・月の公転周期を必ずしも理解していない.・月の観察やモデル実験を通して学んだことがある学生が多いわけではない. 月の位相について理解していない場合,小学校6年生や中学校3年生の月に関する学習内容のいずれかが身についていなかったり,中学校で学ぶ概念に混同が見られたりすることから,特に中学校における指導の改善が必要である.
The authors conducted a group of questionnaire researches to preservice teachers who were the undergraduate students in teacher-training course at the university in 2015 and 2016. The result shows their conception of the Moon phase are as follows; ・they know sun light shine on a half of the Moon, ・they can change view points from out of the Earth to the surface, ・they can also explain how lunar eclipse may occur, ・they may not understand a schematic diagram of the Moon orbit as a conceptual model, ・they may not understand a period of the Moon, and ・model experiment of change of the Moon phase would not improve understanding in science classes. In short, inadaquate study in science classes at elementary and/or junior high schools might cause less achievements in understanding about change of the Moon phase.
Full-Text

https://air.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2862&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

Number of accesses :  

Other information