Departmental Bulletin Paper 大学保健体育教員養成課程の創作ダンスの授業における学習者の認知 -「課題学習」から受講生は何を学ぶのか-
Learner’s conception of creative dance units in University PETE curriculum: What students learn through creative dance ‘task learning’

松本, 奈緒  ,  MATSUMOTO, Naho

Description
本研究は,大学の保健体育教員養成課程における創作ダンスの授業に対する習者の認知をふきだし法による自由記述の分析によって明らかにしたものである.対象者は大学生であり,保健体育教員免許取得希望者11名であった.本研究により,以下の点が明らかとなった.学習者は各時間に学習したテーマや課題を明確に認知した.学習者が創作ダンスの単元の中で楽しい,面白いと肯定的に捉えたのは,創作ダンスのダンスそのもの,色々動けること,表現すること,自由に考えられること,何を表現しているか分かることであった.一方で難しい点として捉えたのは,いくつかの課題の実施(対比の動き,集まるとび散る),イメージすること,テーマを伝えること,大人数の動きの考慮,大げさやデフォルメ,感情表現であった.また,創作ダンスにおける鑑賞については,学習者は他の班の発表を鑑賞することにより,テーマの表現や各グループの表現の違いや構成の違いに気づくことができた.学習者は単元の学習が進むにつれて,前半ではどのようにテーマを表現するのか,様々な動きの工夫へ学習者の学習が焦点づけられていたが,後半では表現方法の多様性や効果的な指導へとより高次の焦点へと学習が移行した.
This study analyzed that university student’s conception of creative dance units in University PETE curriculum through balloon method free description analysis. Objects were 11 university students who would like to have physical education teacher license. This study suggest that: In every lesson students recognized clear theme and task they belong to. Students recognized positive, fun, interested that creative dance itself, variety moving, expression, free thinking, understanding what it expressed. Otherwise, students recognized difficult that some task accomplishment, image something from task or theme, transmission of theme, deformation, feeling expression. About creative dance appreciation, students recognized appropriate theme expression through movement, expression difference, structure difference of dance piece.As lesson progression students conception developed from how express theme and movement invention to variety expressional methods and effective expressional technique.
Full-Text

https://air.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2858&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

Number of accesses :  

Other information