紀要論文 CLIL を用いた上級日本語教育の試み - SFA をビジネス書で学ぶ総合クラスの事例-
Utilization of CLIL in an Advanced JSL Class

佐藤, 雅彦  ,  柴田, 健  ,  SATO, Masahiko  ,  SHIBATA, Ken

38pp.221 - 232 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NII書誌ID(NCID):AA11532120
内容記述
本稿の目的は,CLILをアプローチとして用いた日本語教育実践を報告することにある.本実践の到達目標,CLILおよびSFAの概要,指導の詳細について述べたのち,指導結果とアンケート結果の考察を通して日本語教員が専門分野以外の内容にCLILを使うことの意義と課題点を考えた. 実践の結果,SFAの基礎知識の高い定着が見られた.基礎知識を応用する課題については,基礎ほどの結果は得られなかった.アンケートからは同様の結果が得られたほか,7 割以上の学生が知識を教室外で使ってみたことも明らかになった.また,目標とされた言語能力の向上を8 割以上の学生が感じたこと,学生がCLILを通して学んだこととSFAを学んだことの両方を評価したこともわかった.以上から,教える内容によって指導方法に工夫が必要とはなるが,CLIL 授業の実施には意義が認められる.
This is a report of an integrated Japanese classfor international students. The class was taughtusing the approach of CLIL. The topic was on howto use Solution Focused Approach in daily situations.This article looks at the significance of using CLILthrough the results of tests, term paper and survey.At the end of the class, the following things havebecome apparent: 1)The majority of the studentsunderstood the content of an SFA textbook andbecame capable of explaining the basic knowledge. 2)Only a few students applied SFA skills properly forthe term paper. 3)More than 70% of the studentsused the knowledge from the class in the real world.4)More than 80% of the students found theirlanguage skills required for the class improved. 5)They appreciated both learning SFA and learningit through CLIL. Because of the above, although theteaching method for the class needs to be improved,providing CLIL class itself is understood significant.
本文を読む

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3088/1/jis38%28221%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報