紀要論文 樹木画テストにおける球形樹冠をもつ図式的表現についての一考察 -青年期心性との関連の視点から-
A symbol does not define or explain;  it points beyond itself to a meaning that is darkly divined yet still beyond our grasp,  and cannot be adequately expressed in a familiar words of our language. C. G. Jung(CW8, para644)

宮野, 素子  ,  MIYANO, Motoko

38pp.213 - 220 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NII書誌ID(NCID):AA11532120
内容記述
樹木画テストは,パーソナリティ・テストのひとつとして知られている.特に力動論にオリエンテーションをおく臨床家にはロールシャッハ・テストと並んで活用されている.樹木画法は,木の絵が描き手の隠されたパーソナリティの反映であると考えたスイスの心理学者コッホによって50年代に開発された.科学的分析に必要とされる数値化が難しいため信頼性について疑問視されることもあるが,臨床実践においては樹木画テストは臨床家に非常に有益な情報を与えている.本稿では,二人の青年によって描かれた樹木画の特徴的な表現形態-球形樹冠をもった図式的表現-と青年期心性との関連性と意味について検討した.
Tree Test is one of the prominent personalityt e s t s , e s p e c i a l l y p o p u l a r a m o n g p s y c h o -dynamically oriented clinical psychologists likeRorschach Inkblot Test. It was developed bySwiss psychologist Karl Koch, who found the treedrawings reflect hidden aspects of personality,in 1950’s. Although there has been criticismclaiming it substantially less reliable because of thedifficulties to translate what is expressed on thepaper into numerical scores for scientific analysis,Tree Test gives psychologists extremely usefulinformation about the clients who he/she mightbe. This paper discuss significance of particularforms; graphic feature with ball shaped crown, ofthe tree figures drawn by two adolescents, findingrelevance between tree and the psychologicalfeature of adolescents.
本文を読む

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3087/1/jis38%28213%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報