Departmental Bulletin Paper 考えの根拠を問う「道徳の時間」の指導に関する研究
On Teaching "The Class Moral Education" by Asking about Bases of Student’s Thought

原田, 俊子  ,  菊地, 智則  ,  佐々木, 勝利  ,  佐藤, 優子  ,  小池, 孝範  ,  HARADA, Toshiko  ,  KIKUCHI, Tomonori  ,  SASAKI, Katsutoshi  ,  SATO, Yuko  ,  KOIKE, Takanori

38pp.181 - 193 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449214
NCID:AA11532120
Description
 「道徳の時間」は,学校の教育活動全体で行なう道徳教育の要として位置付けられており,教師の一方的な教授や徳目の解説にとどまらず,子どもたち一人ひとりが主体的に道徳的価値を深めることができるようにすることが求められている.そのためには,子どもたちが,話し合い,議論を通して自分の考えを深めることが必要となる.特に道徳の教科化にともなう今回の学習指導要領の一部改正では,「考える道徳」,「議論する道徳」への転換が求められ,今後,道徳の時間における話し合い,議論はますます重要視されていくことになる.しかし,単に話し合いの場,議論の場を設定すれば活発な議論がなされるわけではなく,様々な話し合い活動充実のための工夫が必要である.A中学校では,平成25(2013)年度から,グループでの話し合いの際に,班員の意見に対して「なぜそのように考えたのか」を繰り返し質問し,考えの根拠を問う〈なんでさん〉という役割を設定し,話し合い活動の充実を図ってきた.そこで,本稿では,この取り組みの実践を報告するとともに,取り組みから見えてきた意義と課題を検討した.
"The class moral education" has been requestedthat each student has deepened moral virtue byoneself. For the purpose of doing that, studentsshould think deeply by discussions. "The classmoral education" requires changing into “Discussmoral education” after this, so it will be moreimportant in that. However teachers need not only to set thechance for the discussion, but also to come up withsome idea for enriching discussions. In A juniorhigh school, for the sake of that, when studentshave discussed at groups, one student has askedfor basis of other student’s thought. The man whoask basis is decided as a role. So in this paper,we report these practices of these three years,and moreover, we have considered meanings andproblems of these.
Full-Text

https://air.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2723&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

Number of accesses :  

Other information