Departmental Bulletin Paper インクルーシブ教育時代における特別支援教育 コーディネーター研修の在り方と方向性 ~研修受講者アンケート調査をとおして~
Achievements and the Future Direction in Special Needs Education Coordinator Training:  Findings in paper-based questionnaire survey of students in general education

村松, 勝信  ,  武田, 篤  ,  MURAMATSU, Katsunobu  ,  TAKEDA, Atsushi

38pp.175 - 180 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
近年,特別支援教育への期待と関心は増す一方である.学校では,特別支援学校のセンター的機能の活用や専門家チーム,特別支援教育担当指導主事への派遣要請も周知が図られ,外部機関の支援を求めることは珍しくない.こうした外部機関を有効に活用しながらも,自校解決能力を高めていくためには,研修が必要である.B市における特別支援教育コーディネーター研修は,学校の自校解決の能力を高めるために重要な役割を担っていて,その研修内容は,受講者にとって一定の満足感を得るものとなっていたと推測された.受講者の課題意識も高まっている中,コーディネーターが特別支援教育の推進役として充実した取組を行い,学校が組織として機能するためのより一層の研修の工夫が求められていた.一方で研修の成果と課題を,何をもって,どのように評価していくかは,各校や一人一人の児童生徒の変容と関連付けたものとして検討していく必要があり,今後の課題と考えられる.また,各校の実情に応じた研修を推進していくためには,B市が行う悉皆研修に加え,平成26年度から3 年間で市の小・中学校教員全員に研修を課す「特別支援教育研修会」との関連や各校が自主的に行う校内研修の在り方も,併せて検討していく必要があると思われることから,今後も本研修に関する継続調査が求められた.
We report the achievements and agendas of thespecial needs education coordinator training referto the results of the questionnaire survey in thetraining. It is inferred from the results that thetraining was basically effective. The course needs for further development so that schools can improvespecial needs education more structurally withthe diligent coordinators who have participated inthe training. On the other hand, as challenges ofthe training, how the achievements of the trainingaffect schools or students need to be analyzedand evaluated, and also the training needs to beenhanced even further. Moreover, the consecutivesurvey is required to pursue the effective trainingfor schools because the training approach inschool, out of school, and related to “Special NeedsEducation Training” which is required that allteachers in a certain city have to take for 3 yearssince 2014 also needs to be considered from now on.

Number of accesses :  

Other information