Departmental Bulletin Paper 小中学校の教育課程へのアクティブ・ラーニング導入における課題
Problems and Considerations When We Develop Active Learning Approach to Curriculum Design  in Primary and Secondary Education

細川, 和仁  ,  浦野, 弘  ,  HOSOKAWA, Kazuhito  ,  URANO, Hiroshi

38pp.145 - 154 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NCID:AA11532120
Description
 本研究では,高等教育分野で推進されてきた「アクティブ・ラーニング」(AL)について取り上げ,現在,このアクティブ・ラーニングの概念を小中学校の教育課程に積極的に導入していこうという流れの中で,どのような点に留意する必要があるのかを検討した.この検討を進める上で,次の諸点について考察した.すなわち,ALに関連する筆者らのこれまでの教育実践を再検討すること,そして,ALの定義を問い直し,アクティブという概念が意味するところについて考察することである.それらをふまえ,小中学校の教育課程への導入の際に考慮すべきことを整理し,その中でも特に,教師の「学習観の転換」と学習評価の在り方は大きな課題であり,これを少しずつ変えていくことが,ALの導入に大きな影響を与えるであろうことを導き出した.
This paper will examine the points of attentionwhen we develop Active Learning approach tocurriculum or learning unit design in primaryand secondary education. We investigated aboutdefinitions of Active Learning Approach, and somepractices what we did in higher education. Somepoints of curriculum design what we investigatedfrom various practices as follows:1)rebuilding the conception and view of learningwhat teachers and students have,2)focusing internal learning activity of students,3)building trust between students and teachersfor Active Learning.
Full-Text

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3080/1/jis38%28145%29.pdf

Number of accesses :  

Other information