紀要論文 小学校低学年児童向けの科学教育実践の報告(Ⅱ)
A Report of Science Education Practice for the Lower Grade Elementary School Students(Ⅱ)

吉川, 千詠  ,  川村, 教一  ,  田口, 瑞穂  ,  KIKAWA, Chie  ,  KAWAMURA, Norihito  ,  TAGUCHI, Mizuho

38pp.99 - 109 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NII書誌ID(NCID):AA11532120
内容記述
 本研究の目的は,小学校低学年向けの科学教育の可能性について実践に基づいて検討することである.著者らは低学年児童向けに,平成27年1 月から12月まで「科学教室」を計10回実施した.実施回ごとに観点別の評価規準を設定し,その目標が達成されたかどうかを質問紙調査や児童観察,事前・事後テストをもとに分析したところ,ほとんどの実施回で評価規準を概ね達成できた.小学校中学年の理科で学習するような内容でも,低学年児童向けに授業内容や教材を設定することで,正しい知識を得させることができた.
The purpose of this study is to examine thepossibility of science education for elementary schoolstudents. The authors held the science classes toGr.1 and Gr.2 students from January to Decemberin 2015. The goal of the classes was to find out the suitable science education for the elementarystudents. We made evaluation criteria based on 4points of view of evaluation by each activities in theclasses. It was analyzed whether or not attaintedby questionnaire, pretesting, post testing, andobservations. As a result, students achieved thecriteria in most of the classes.
本文を読む

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3076/1/jis38%2899%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報