紀要論文 秋田県産トウホクサンショウウオを用いた中学校理科教材の開発 -鰓に注目して-
Development of biological teaching materials for junior high school science education,  using salamanders of Akita Prefecture -paying attention to gill-

石井, 照久  ,  茨木, 智裕  ,  ISHII, Teruhisa  ,  IBARAKI, Tomohiro

38pp.79 - 90 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NII書誌ID(NCID):AA11532120
内容記述
 秋田県産トウホクサンショウウオを用い,変態時の鰓の変化に注目して中学校理科の教材を開発した.サンショウウオ類は両生類に属しており,一般的には,変態に伴い鰓が消失する.カエルのオタマジャクシ幼生の内鰓と異なり,サンショウウオ類の幼生は,外からはっきり確認できる外鰓を持っており,それが変態に伴い消失するので,変態の観察に適している.こういったサンショウウオ類の利点を活かし,さらに秋田の自然環境を活かして,本研究では中学校において変態の前後を通じて,生徒が継続的に飼育・観察する発展的な教材を開発した.
We developed biological teaching materialsfor junior high school science education, usingsalamanders of Akita Prefecture, paying attentionto gill. The larva of salamander has external gill,however the larva of frog has internal gill. Usingobservation of larvae of salamanders is suitable forstudy of metamorphosis in junior high school scienceeducation, because external gill disappearance oflarva will be easily observed in salamanders. Usingobservation materials of salamanders, students willunderstand metamorphosis and importance of Life.
本文を読む

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3074/1/jis38%2879%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報