Departmental Bulletin Paper 高等学校理科教員の「地学基礎」に関する認識 :秋田県・岩手県・香川県でのアンケート調査から
High school science teachers’ cognition of“ Basic Earth Science” :  Based on the questionnaire research to teachers in Akita, Iwate, and Kagawa prefectures

川村, 教一  ,  KAWAMURA, Norihito

38pp.67 - 77 , 2016-03-31 , 秋田大学教育文化学部附属教育実践研究支援センター
ISSN:13449311
NCID:AA11532120
Description
 高等学校理科教員を対象に「地学基礎」に関するアンケート調査を2014年に実施した.その結果,教員間には自然災害に関する科目の必要性の認識が高かった.また,多くの教員が,自然災害や地球環境を学習内容として取り上げている点から「地学基礎」の重要性を認めている.「地学基礎」担当教員の教育活動を支援するためには,大学などで地学を専攻した教員には専門的な情報提供が,地学を専攻しなかった教員には実験・観察などのテーマが充実した教材や視聴覚教材の開発が,それぞれ求められている.
 The author conducted a questionnaire researchto high school science teachers in Akita, Iwateand Kagawa prefectures in 2014. The result showsawareness of the necessary of studies aboutnatural disaster is common among the teachers.Importance of study of “Basic Earth Science”was known much by many teachers. To supportteaching activities, researchers ought to providetechnical information to teachers who majoredin geoscience, and teaching material developersneed to improve the contents in terms of researchthemes and audiovisual works for teachers whodidn’t major in geoscience.
Full-Text

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/3073/1/jis38%2867%29.pdf

Number of accesses :  

Other information