紀要論文 「死への準備教育」がかかえる問題点  ―われわれは死を知ることが可能なのか―
Can death education really teach us about death?

新山, 喜嗣  ,  NIIYAMA, Yoshitsugu

23 ( 1 )  , pp.45 - 51 , 2015-03-31 , 秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻
ISSN:18840167
NII書誌ID(NCID):AA12447617
内容記述
生涯にわたって死を学ぶことを目的とする「死への準備教育」は,本邦では主にデーケンによって主導され,市民運動として粘り強く現在まで継続されてきた. しかし,本稿ではこの「死への準備教育」が,ある重要な点を前提としたまま進められてきたことを指摘する.それは,人聞は死の本質的な事態を知ることができ,また,それを他者に伝達することができるとする前提である.ただし,このことはそれほど自明なものではない.実際に,死の本質的な事態である生の断絶という絶対的な非存在について,人聞は知ることも正視することもできないという意見が存在してきた.また,「死への準備教育」に根拠を与える,必然的な死の存在はわれわれの生そのものに価値を与えてくれるとする主張に対しても否定的な意見が存在する.このような否定的な意見の代表的な論者であるジャンケレヴィッチの言葉に耳を傾けつつ「死への準備教育」がもつ,人はできる限り死の多くを知るべきという理念が,すべての人々に適用されることには慎重であるべきことを提案した.
The aim of death education is for people to learn about death and to apply that learning in life. Deeken was a main proponent of death education in Japan, which is now actively continued as a citizens' movement. However, in this paper, I point out that important premises of death education lack positive proof, namely, that a human being can understand the essence of death and that its essence can be transmitted to others easily. It is not obvious that these premises hold. In fact, some are of the opinion that humans can neither comprehend the mortal essence nor look at it directly. In addition, proponents of death education claim that death gives meaning and value to life, but others make an argument to the contrary, death gives us nothing. We should consider the words of Jankelevitch, a representative proponent of this contrary view. In this paper, I suggest that we should be more careful not to apply the aims of death education to all people, especially in Japan.
本文を読む

http://air.lib.akita-u.ac.jp/dspace/bitstream/10295/2828/1/hoken23-1%2845%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報