紀要論文 Streptococcus mutans グルカン結合タンパク質Cの発見まで,とその後-定年退職にあたり,研究をふり返って-
gbpC Gene Identification Process in Streptococcus mutans : Reflecting on my research experiences

佐藤, 裕

115 ( 4 )  , pp.287 - 305 , 2015-08-30 , 東京歯科大学学会
NII書誌ID(NCID):AN0009999X
本文を読む

http://ir.tdc.ac.jp/irucaa/bitstream/10130/3720/1/115_287.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報