紀要論文 科学的知識を活用した問題解決が中学生のメタ認知活性化と理科の学力に及ぼす効果-中学校理科生物的領域「生命を維持する働き」を事例として
The efficiencies of subjective settlement through the practical application of scientific knowledge to the metacognition activation of junior high school students and the promotion of scholastic abilities

草場, 実  ,  福島, 啓介  ,  蒲生, 啓司

pp.145 - 155 , 2016-03 , 高知大学教育学部
ISSN:1346-938X
NII書誌ID(NCID):AA11480468
本文を読む

https://ir.kochi-u.ac.jp/dspace/bitstream/10126/6151/2/bfeku76-14Kusaba%2CFukushima%2CGamoh.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報