会議発表論文 パワーモジュール内蔵型インバータ出力電流測定システムの開発

田畑, 勝次  ,  長谷川, 一徳  ,  一木, 真生  ,  大村, 一郎  ,  附田, 正則

内容記述
This paper proposes a new current measurement system for inverter control. The system consists of a Field-Program-Gate-Allay (FPGA), and tiny Rogowski-coils (PCB Rogowski-coil) made of a print-circuit-board. This paper presents a mitigating method of reverse recovery current and tail current that is not enough discussed in the previous study. This system is enough small to be integrated in a power module. This study will contribute to downsizing inverter.
電気学会電子デバイス/半導体電力変換合同研究会(IEE-SPC)パワーデバイス・パワーエレクトロニクスとその実装技術, 2017年11月20日-21日, 鹿児島大学 稲盛会館, 鹿児島県
本文を読む

https://kyutech.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=5283&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報