Journal Article 小規模自治体の都市計画マスタープランの必要性に対する認識に関する基礎的調査 - 九州地域内の未策定自治体を対象として -

吉武, 哲信  ,  板谷, 翔太  ,  出口, 近士  ,  梶原, 文男  ,  寺町, 賢一

50 ( 2 )  , pp.170 - 176 , 2015-10-25 , 社団法人日本都市計画学会
ISSN:0916-0647
Description
本研究は,都市マスタープラン(都市MP)未策定の小規模自治体に絞ってそれらにどのような傾向があり,その上で,未策定自治体が都市MPの必要性をどのように考えているかを分析した.具体的には,九州地域内において,未策定自治体の人口,都市計画区域等の基礎的特徴を把握し,次いで,アンケート調査により都市MPに対する考え方を把握した.この結果,1)都市MP策定の優先度,必要性は必ずしも高くなく,都市MP不在でも実務に支障がない場合が多い,2)総合計画や区域MPを代替措置とする場合がある,3)合併や都市計画道路の見直しが策定の契機になることが多い,4)都市の将来像確定や住民周知の重要性は認識されているが,それが策定契機とはなりにくいこと等が明らかになり,小規模自治体において都市MPの位置づけ,必要性を再検討する必要があること等を示した.This paper analyzes the attitudes of the municipalities toward the city master plan. It firstly overlooks the relation between the institution of the city master plan and the population, the scale of the city planning area, etc., in Kyushu region. Then, it conducted a questionnaire survey over the municipalities without the plans, to analyze their attitudes toward the plan. The major findings are, for the small municipalities, 1) the priority and necessity of the city master plan is not high and such municipalities do not have obstacles to conduct city planning project, 2) the revision of the city planning projects and the municipal mergers may become the important opportunity of the plan institution, 3) the role of the city master plan should be reconsidered for such municipalities.
Full-Text

http://ds.lib.kyutech.ac.jp/dspace/bitstream/10228/5555/1/JCPIJ50_170.pdf

Number of accesses :  

Other information