紀要論文 浴衣の評価条件がもたらす印象評価
Assessment of Impressions of Yukata Based on Evaluation Conditions

孫, 珠煕(孫 珠熙)  ,  表, 奈緒

内容記述
This study examines how impressions of yukata(casual cotton kimono)are affected by evaluation conditions. The subjects are 124 university students(64 males and 60 females). Using six different yukata samples, a questionnaire survey was conducted based on the SD method(11 bipolar adjective pairs and an eight-point scale). Factor analysis, conducted to clarify the structure of how impressions of yukata are evaluated, extracted two factors - potency(activity)and preference(evaluation)- for folded yukata, and three factors - potency(activity), preference(evaluation), and formality - for torso-worn yukata. Among the 11 bipolar adjective pairs, the top three greatest mean differences in the impressions of the six yukata were found in “feminine vs. masculine,” “looking young vs. looking old,” and “showy vs. quiet” for yukata in both conditions. It was also found that evaluating yukata when they are worn on the torso allows viewers to gain visual information of the yukata’s overall style, making it possible for them to have a wider range of impression evaluations than for folded yukata.
一昔前までは平面構成で作られている和服を身にまとい,日常を送っていた人々も既製服が増えてきた現在では,ほとんどの人が洋服を着て生活をしている。和服はもともと平面構成で作られているが,帯を締め自分の体に合わせ身につけることで立体的に着ることができる。そこで,平面的な和服と立体に着られている際の和服のイメージについてどのような印象評価の違いがあるのかを探る。印象評価についての先行研究では,ワンピースの配色条件による印象評価,ブランケットの評価条件がもたらす印象の変化などがある。これらの研究によってワンピースの評価条件では,縦の配色よりも色が上の方に配色されるものがおしゃれに見え,ブランケットを評価する時には実際に肌に触れて評価するものと目視のみで評価するものでは大きく違いがあることが明らかになった。一方で,浴衣を用いた和服の評価条件の印象変化についての研究はなされていない。そこで本研究では,平面構成である浴衣を立体的に着装したときの温泉浴衣のイメージの違いを明らかにする。ここでは,温泉浴衣を通して和服の評価条件のもたらす印象評価についての研究を進めていく。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15871&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報