Journal Article 日独語における小説の語りの態度の違いについて : ドイツ語動詞scheinenとその訳語「見える・思われる」を手がかりに『ブッデンブローク家の人びと』の邦訳と『楡家の人びと』の独訳を例にして
Eine Überprüfung des Unterschieds in der Erzählperspektive zwischen deutschen und japanischen Romanen: Anhand einer Gegenüberstellung des Verbs „scheinen“ mit dem japanischen Verb „MIERU/OMOWARERU“ in „Buddenbrooks“ und „Nireke no hitobito (Das Haus Nire)“

宮内, 伸子

Description
本稿では,ドイツ語の三人称小説の地の文に出現する動詞scheinenの使用例とその日本語への翻訳例,およびscheinenの訳語「見える・思われる」のドイツ語への翻訳例を手がかりに, 日独語における小説の語りの態度の違いを検証してみたい。scheinenという動詞に注目して,小説の語りの態度を探ってみようと考えたきっかけは,scheinenはコプラ動詞の1つであるという指摘だった。ハラルト・ヴァインリヒの『テクストからみたドイツ語文法』の中にそのような説明を見つけ,筆者はそれまでscheinenをコプラ動詞という既念と結びつけて考えたことがなかったため,新鮮に感じるとともに,そうであるならば,この動詞が日本語に訳される際しばしば「見える」とか「思われる」とされているのがあらためて不思議に思えた。
In der vorliegenden Arbeit wurde ein Unterschied in der Erzählperspektive zwischen deutschen Romanen und japanischen Romanen überprüft, anhand einer Gegenüberstellung von dem Kopulaverb scheinen im deutschen personal erzählten Roman mit dem japanischen Verb MIERU/OMOWARERU, das im Wörterbuch als Üersetzung van scheinen üblich ist.
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15709&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information