Departmental Bulletin Paper 小学校外国語活動におけるタイムリーな題材の選択と自己決定の場の工夫 : 発話への意欲が高まる授業を目指して
Timely Theme Selection and Self-determination In Elementary School Foreign Language Activities : Lessons for Increasing Willingness to Speak

横山, 恵  ,  岡崎, 浩幸

12pp.129 - 138 , 2017-12-20 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NCID:AA12184405
Description
平成23年に小学校高学年での外国語活動が導入されてから、今年度で7年目となる。これまで、文部科学省が発行した外国語活動教材 “Hi, friends !”を生かしながら、児童の興味・関心の高まる題材を新たに開発して授業実践を重ねてきた。本研究の目的は、「タイムリーな題材の選択」と「自己決定の場の工夫」が発話への意欲の高まりにつながるのかを検証することである。児童の振り返りカードのコメント、実際の会話の内容や活動の様子、共起ネットワークによる児童のコメントの分析結果から、「英語表現や素材への興味・関心」「気付き」「相手意識」等が発話への意欲を示す指標として表れることが分かった。それらの指標は、タイムリーな題材への豊かな関わりや自己決定によるコミュニケーションから生まれるものと捉えることができるだろう。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15521&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information