紀要論文 中学生における部活動の取り組み,インターネット依存と学校適応 : 生活習慣の視点を含めた交差遅れ効果モデル分析
The Relations between School Adjustment, Internet Addiction and Club Activity among Junior High School Students. : Including the Viewpoint of Life Style Habits

上沼, あずさ  ,  石津, 憲一郎

12pp.69 - 76 , 2017-12-20 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NII書誌ID(NCID):AA12184405
内容記述
本研究の第一の目的は,部活動での積極性がインターネット依存に影響を与えているのか,反対にインターネット依存が部活動での積極性に影響を与えているのかといった,その双方向性について検討することとする。また,生活習慣,学校適応についての関係性を示し,学校適応や学校生活に寄与する要因を,インターネット依存という視点から検討することを第二の目的とする。第一の目的を検討するために,今回調査を2回に分けて行い,部活動での積極性とインターネット依存の影響性を調査する。調査の結果,部活動での積極性によってインターネット依存に差が出た場合,インターネッと依存にならないために,部活動の充実や学校側の取り組みが大切な要素の1つとして考えられるようになる。反対に,インターネット依存が部活動での積極性に影響を与えている場合は,インターネッと依存にならないための対策(例えば使用時間を制限する,等)を施すことが,学校適応を促進するための1つの手段として考えられるようになる。また,第二の目的において,生活習慣や学校適応がこれらにどのように関わっているのかを,2回の調査により短期縦断的に調査することで,それらの要因の短期的な因果関係を探ることを目的とする。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15516&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報