Departmental Bulletin Paper 体罰研究の近年の動向と今後の課題
The Review of Recent Study about Physical Punishment

近藤, 龍彰

12pp.1 - 6 , 2017-12-20 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NCID:AA12184405
Description
本研究の目的は,近年(特に2016年前後)に行われた体罰問題に関連した研究をレビューし,その整理と今後の方向性を述べることであった。近年の研究についてレビューしたところ,「実態」「意識」「防止」「理論」といった研究動向に分類されることを見い出した。今後の方向性としては,体罰を行う人,受けた人,見聞した人それぞれの心理メカニズムを検討していくことを挙げた。体罰研究は数多くなされているものの,その相互の関連性や位置づけをメタ的に検討したものは少なく,1つの俯瞰図を作成できたことは,本研究の意義であった。今後このような視点を手がかりに研究が進展していくことが期待される。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15510&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information