紀要論文 肢体不自由(脳性まひ)のある生徒の食事指導の在り方 : 本人及び保護者の願いに寄り添った「チーム学校」の取り組みを通して
Case Study of eating skills Training for a Physically Disabled (Cerebral Palsy)Student : Using the Collaborative “School as a Team” Approach to Support the Wishes of the Student and his Parents

石崎, 良  ,  和田, 充紀

内容記述
本研究の目的は,肢体不自由(脳性まひ)のある児童生徒の生活の基盤となる「食事場面」において,一人で食べることができる能力の高まりに焦点をあてた取組について報告した。学校給食を媒介とした直接的な指導及び自立活動の時間の指導における間接的な指導を組み合わせ,「一人で食べる力」を身に付けるための具体的な支援の在り方について考察した。加えて,食事場面での指導支援をアクティブ・ラーニングの視点から考察することで,障害のある子供のアクティブ・ラーニング型の授業支援について考察した。また,個別の教育支援計画及び個別の指導計画に基づいた教師間,教師と作業療法士(OT)や言語聴覚士(ST)との連携,家庭への浸透や利用する福祉施設等での食事場面での自立を視野に入れた学校との連携の取組について,「チーム学校」の視点から報告した。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15423&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報