Departmental Bulletin Paper 『タズキラ・イ・ホージャガーン』日本語訳註(7)
Tadhkira-i khwajagan : Japanese Translation and Notes(7)

澤田, 稔

67pp.31 - 60 , 2017-08-21 , 富山大学人文学部
ISSN:03865975
NCID:AN00175930
Description
本訳注は『富山大学人文学部紀要』第66号(2017年2月)掲載の「『タズキラ・イ・ホージャガーン』日本語訳注(6)」の続編であり,日本語訳する範囲は底本(D126写本)のp.165/fol.83aの1行目からp.199/fol.100aの20行目までである。前号で訳出されたように,カシュガル・ホージャ家イスハーク派の軍隊はウシュにおいて,同家アーファーク派のホージャ・ブルハーン・アッディーン側の軍勢に敗れ,さらにカシュガル城市も奪われた。カシュガルにおいて「統治の王座」に就いたホージャ・ブルハーン・アッディーンは,軍勢ととともにイスハーク派の最後の牙城,ヤルカンドへ向かった。そして,ヤルカンド城市において両軍の戦いが始まった。本号では,イスハーク派のホージャ・ジャハーンを長とするヤルカンド陣営の内部状況を中心として,ヤルカンド城市の攻防をめぐる両勢力の和戦両様の動向と,イスハーク派側の敗北が語られる。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15355&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information