Departmental Bulletin Paper 言葉に潜む死の香り : 小川洋子随想教材を読む

高木, 佐和子

2pp.1 - 2 , 2017-07-31 , 富山大学人間発達科学部日本文学会
ISSN:24326216
NCID:AA12776018
Description
これまで、西田谷ゼミの共同研究として小川洋子教材の検討を続けている。西田谷洋編『女性の語り/語られる女性 日本近現代文学と小川洋子』(一粒書房二〇一五・一二)では「トランジット」・「バックストローク」・「飛行機で眠るのは難しい」・「果汁」・「リンデンバウム通りの双子」・「博士の愛した数式」・「巨人の接待」・「ハキリアリ」、愛知教育大学西田谷洋研究室編『西田谷研究室の歩み・補遺』(一粒書房二〇一六・二)では「缶入ドロップ」・「愛されすぎた白鳥」と、小川洋子の教科書教材のうち小説を取り上げてコンパクトに論じた。今回は高等学校国語科教科書に採用されている小川洋子のエッセイを四編考察する。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=15201&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information