紀要論文 小学校教師の家庭科授業で活用する知識に関する研究 : 熟練教師と初任教師の比較を通して
Comparative Analysis of Teacher' Knowledge in Home Economics of Experienced Teachers and Novice Teachers at the Elementary School Level

磯﨑, 尚子  ,  成瀬, 瑠奈

内容記述
小学校の家庭科の授業で活用する教師知識に関して,熟練教師と初任教師の比較を通して,その内実を明らかにすることを目的とした。本研究の方法は,熟練教師3名と初任教師3名に,ある授業者の小学校家庭科の授業ビデオとその学習指導案を示し,ビデオ視聴後に授業に関して発話してもらった。その発話プロトコルをL. Shulmanの教師知識に分類した。その結果,熟練教師が有し活用している教師知識は,量的にも質的にも初任教師に比べて差異が認められた。特に,熟練教師は教材化のための知識(PCK)を初任教師よりも多く有しており,より文脈に合わせて活用することができることが明らかとなった。
In this study, the authors examined teacher knowledge categorized by L. Shuman in home economics lessons by comparing the knowledge base of three experienced teachers and that of three novice teachers. With a lesson plan given by an elementary teacher, they observed her lesson through the video tape. After observing the lesson, they talked about the lesson. The authors analyzed their protocols and categorized them into Shulman's knowledge.From the results of the theoretical and empirical research, the authors identified that experienced teacher knowledge base differ considerably both in quality and quantity from that of novice teachers. Therefore, experienced teachers can effectively teach in diverse contexts.
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14964&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報