Departmental Bulletin Paper 情報処理教育における「一人TT」授業の開発と評価 : 授業者自身が解説するビデオ教材を利用した授業改善の試み
Development and Evaluation of“ Team Teaching by Oneself”Method in Information Processing Education : A Trial Educational Improvement using VTR in which Teacher herself make comments

小川, 亮  ,  上木, 佐季子

11pp.133 - 141 , 2016-12 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NCID:AA12184405
Description
大学における情報処理教育における問題点として,授業者が授業を進めながら学習者の理解や作業の進度を確認しづらいという,コンピュータ演習室特有の問題点を取り上げ,それを克服するために授業者自身の作成したビデオ教材を,自分の授業の中で利用することで,授業者の授業の流れを妨げること無く,授業中の授業者の認知的な負荷(作業記憶の負荷)を減らし,授業全体の流れを制御しながら学習者の理解や作業の進度に対応した運用を可能にする事を目指した「一人TT」授業の実践を5つのクラス(参加者計176名)で実施し,その効果を評価した。分析の結果,情報活用スキルの自己評価が全ての項目で有意に上昇し,コンピュータに対する不安感も有意に減少したことが示された。授業補助者による評価でも,授業ビデオの利用によって授業進行がスムースになり,授業が改善されていることが示された。一人TTの普及にとっての問題点と対処方法について考察を加えた。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14246&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information