紀要論文 知的・発達障害成人の選挙をめぐる現状と課題 : 保護者を対象とした意識調査から
Issues about Election for Persons with Intellectual and/or Developmental Disabilities : Questioner Survey for Their Caregivers

大井, ひかる  ,  成田, 泉  ,  島田, 明子  ,  水内, 豊和

11pp.87 - 91 , 2016-12 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NII書誌ID(NCID):AA12184405
内容記述
公職選挙法改正に伴い、選挙権が満18歳を迎えた者に対して与えられるようになった。それにともない、これまで以上に学校在学時からの充実した主権者教育が必要となる。障害者にはその特性に合った支援が提供されるべきであるにもかかわらず、これまでに知的障害者と選挙に関する研究はほとんどなされていない。本研究では、実際に選挙権のある知的障害・発達障害のある成人が選挙に直面したときにどのような課題があるのかについて把握することを目的とし、T県の発達障害児等親の会に所属する保護者を対象として質問紙調査を実施した。調査内容は、基本情報、選挙への参加の有無とその理由、候補者を選択する方法、選挙に向けた家庭での対策や練習、知的障害・発達障害者の選挙についての意見・要望である。その結果、知的障害・発達障害者の選挙において、主権者教育では、選挙の投票方法に加えて選挙の意義に関する学習や、政策を理解するための支援が必要であることが示唆された。また、基本的環境整備と合理的配慮に関する検討課題が明らかになった。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=14241&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報