Journal Article 子育て世代の居住地移動に与える影響 : 島根県邑南町の検討
Social Mobility Trends among Young Families with Small Children : A case study of Ounan city in Shimane prefecture

宮本, 恭子

7pp.30 - 38 , 2016-08-02 , 富山大学地域生活学研究会
ISSN:2186902224321133
NCID:AA12558571
Description
地方創生と連携した子育て支援策の充実が、地方自治体の重要な政策のひとつとして関心を集めている。本研究の目的は、島根県邑南町を対象に、子育て世代の居住移動の傾向と子育て支援策との関連について検討することである。邑南町では、他の自治体に先んじて人口減少地域としては思い切った子育て支援策の充実を打ち出したことが、合計特殊出生率の上昇や子育て世代の移住者の増加という一定の政策効果につながった。その背景には、過疎地域という地域特性を最大限に活用した子育て支援策を実現できたこと、「子育て支援の充実を町の活性化につなげる」という先進性がメディアの目を引き、それが町全体の子育て支援充実の機運を高める好循環につながったことが大きいことが確認できた。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13357&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information