Departmental Bulletin Paper アイリスオーヤマ株式会社の競争戦略
Comepetitive Strategy of Iris Ohyama Ltd.

内田, 康郎

62 ( 1 )  , pp.173 - 185 , 2016-07 , 富山大学経済学部
ISSN:0286-3642
NCID:AN00408391
Description
本稿はケーススタディ用の教材として作成されているが,前稿ではアイリスオーヤマ株式会社の成長プロセスについてみてきた。本稿では,主に同社の競争戦略について記述していく。地方の町工場から始まったアイリスオーヤマ。19歳で同社の代表者となった大山健太郎氏は,その後独自のポリシーをもとに同社を成長させていく。他社の持たない商品を,顧客目線で発掘し,数々のヒット商品を生み出してきた。同社の出す新商品は年間1千点。すべてが「ユーザーイン」の発想から生み出されていく。同社では,売上高のうち発売から3年以内の商品による売上の比率を「新商品比率」と呼んでいるが,60%が同社の目標として設定されている。一度,ヒット商品が生まれると,長期間その商品に依存しようとする企業も少なくない中,同社のこの数字は,数年のうちには売れ筋の商品群を入れ替えることを意味する。実際,2014年度はわずかながら目標に及ばなかったものの,55.8%となっている。果たしてどのようなメカニズムによって,こうした活動が進められているのだろうか。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=13313&item_no=1&attribute_id=18&file_no=2

Number of accesses :  

Other information