紀要論文 金子みすゞ「私と小鳥と鈴と」受容研究

伊藤, 麻由

8pp.14 - 29 , 2016-02-12 , 富山大学比較文学会
NII書誌ID(NCID):AA12454430
内容記述
金子みすゞは、大正時代に生きた童謡詩人である。本論は、みすゞの詩の中から、先述した「私と小鳥と鈴と」を取り上げ、みすゞの詩が受け入れられていったその受容過程と、どのように人々に受け入れられてきたのかという、それぞれの詩の解釈を探るものである。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12995&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報