紀要論文 富山大学附属病院における電子クリニカルパスの導入経験 : 稼働1年後の評価
Introduction experience of an electronic clinical pathway in Toyama University hospital. : Evaluation at one year after a service-in

辻岡, 和孝  ,  中川, 肇

26 ( 1 )  , pp.33 - 38 , 2016-03 , 富山大学医学会
ISSN:21892466
NII書誌ID(NCID):AA12720250
内容記述
クリニカルパスは医療の質の向上に寄与することは一般的に認められていることである。しかしながら同時にクリニカルパスを作成することと臨床現場に適応することは,急性期病院である大学病院においては特にそれぞれの患者の病態の複雑さから難しい。我々は,平成26年から平成27年の間に電子クリニカルパスの導入を経験した。その経験から,頻回の説明会が重要であること,また,紙ベースのパスをスプレッドシートに展開して電子パスへ変換することが効果的と結論づけた。
It is in general agreement that clinical pathways contribute to improve the quality of medical cares. However, it is difficult both to create and to apply the clinical pathway to clinical field because of the complexity of an each patient’s condition, especially in acute-phase hospital. We experienced the introduction of the electronic clinical pathway from 2014 to 2015 . From this experience, we conclude that the frequent explanation meetings were important and that transformation from paper-based pathways to electronic pathways by expressing as a spread sheet format was significant.
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12928&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報