紀要論文 富山大学医学部における教育実践に基づく医学教育プログラムの検討 : 第1報「医療学入門」を事例としたカリキュラム開発・評価
Validation of the programs based on the educational practices for the Medical Education in University of Toyama. : Report 1 : Curriculum development and evaluation in the “Introduction to the Iatrology Course” for the first year medical students.

廣川, 慎一郎  ,  石木, 学

26 ( 1 )  , pp.7 - 10 , 2016-03 , 富山大学医学会
ISSN:21892466
NII書誌ID(NCID):AA12720250
内容記述
日本医学教育学会では医学教育専門家の養成を目的として,実践的能力の習得のために理論に基づいた医学教育専門家養成認定コースワークを設けている。コースワークでは各大学での医学教育実践を対象として「カリキュラム開発」,「教授法と学習」,「学習者の評価」の3 つのテーマに関して教育課題が検討される。コースワークでの検討ワークをもとにして富山大学医学部における医学教育プログラムをそれぞれ3 報の事例報告にまとめた。第1 報「カリキュラム開発・評価」では,教育実践事例は1 年次医学,薬学,看護学の医療系学生を対象とした専門教育プログラムである「医療学入門」を取り上げ,授業と実習などの教育実践活動の概要を示し,問題点と分析,改善計画を挙げて,医学教育の現状と評価,展望について検証した。医学教育実践の自己点検評価が富山大学医学教育全般の質の改善に貢献することを期待したい。
This series reports of educational practice of programs for the medical education in University of Toyama, with regard to curriculum development and evaluation, teaching/learning and assessment forthe validation of the programs.This report describes the curriculum development and evaluation in the “Introduction to the Iatrology Course” for the first year medical students. We investigate the curriculum development of the course and suggest plans for the improvement of the course. These assessments will contribute to the quality improvement of the basic medical education in the Faculty of Medicine, University of Toyama.
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12923&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報