Departmental Bulletin Paper 『タズキラ・イ・ホージャガーン』日本語訳注(4)
Tadhkira-i khwajagan : Japanese Translation and Notes(4)

澤田, 稔

64pp.81 - 106 , 2016-02-19 , 富山大学人文学部
ISSN:03865975
NCID:AN00175930
Description
本訳注は『富山大学人文学部紀要』第63号(2015年8月)掲載の「『タズキラ・イ・ホージャガーン』日本語訳注(3)」の続編であり,日本語訳する範囲は底本(D126写本)のp.78/fol.39bの11行目からp.108/fol.54bの6行目までである。本号の内容の要旨は以下のとおりである。前号の日本語訳注(3)で叙述されているように,カシュガル・ホージャ家イスハーク派のユースフ・ホージャムはカルマク(ジューンガル)の本拠地イラ(イリ)からカシュガルに逃れ帰ったが,本号では,まず,カシュガルのユースフ・ホージャムに対するカシュガル,ウチュ,アクス等に拠るベグ(豪族)たちの行動,とりわけ,カルマクに内通するベグたちの陰謀について語られる。この陰謀の背景にあるカルマクは,王位をめぐるダワチとアムルサナーの抗争により弱体化していたが,ユースフ・ホージャムの離反の動きを封じるために使者をカシュガルに送る。しかし,その使者をはじめカルマクたちは武装したユースフ・ホージャムの勢力に圧倒され,カシュガルをあきらめてヤルカンドに向かった。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12608&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information