紀要論文 学級における集団内葛藤への対処方略とスクール・モラールとの関連
The relation between conflict resolution strategies of intragroup conflicts and school morale

黒川, 光流

64pp.71 - 80 , 2016-02-19 , 富山大学人文学部
ISSN:03865975
NII書誌ID(NCID):AN00175930
内容記述
本研究ではまず,学級集団において児童が他者との間の葛藤を経験することが多いことが示されている(黒川, 2015),クラス全体での話し合い,班や係での活動,および休憩時間の活動場面において,児童・生徒が用いている葛藤対処方略について,学級集団に所属してからの経過時間も考慮して検討する。その上で,児童・生徒が他者との間の葛藤に対して用いている対処方略が,スクール・モラールを構成する友人関係の良否,クラスへの肯定的関心,および学習意欲に及ぼす影響を検討する。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12607&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報