紀要論文 Demotivation of English Language Learners in Highly Competitive University Preparatory High Schools in Japan : Based on Interviews of University Students

SODENO, Mai  ,  OKAZAKI, Hiroyuki

内容記述
本研究は,日本の進学校の高校生にとって,英語学習への動機を減退させる要因は何か,また,それらの要因や動機減退経験を進学校出身の大学生はどのように認識しているかを探索的に捉え,多様な動機減退経験の過程をモデル化することが目的である。進学校出身の国立大学生3名にインタビュー調査を実施し,高校での動機減退経験の詳しい状況や認識を質的な研究で分析した。分析方法はM-GTA(木下,2003)を採用し,事例数や具体数を研究目的と相関的に決定するためにSCQRM(西條,2007,2008)をメタ理論として用い,概念モデルを作成した。研究結果から,「上位層に合わせた授業」「教師の態度」「文法訳読式の指導」「難解なテスト」「難易度の高い大量の課題」が動機減退の要因であることが明らかとなった。高校1年時から「上位層に合わせた授業」についていけない生徒は,学習内容や課題の量と難易度が難しくなるにつれて無力感を抱くこと,さらに状況が改善されない場合は長期的に英語学習への動機を失うことが明らかとなった。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12557&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報