Others 「地域生活学研究」編集方針
JIRCL : Editorial Policy

富山大学地域生活学研究会

Description
「地域生活学研究会」は、「地域」や「生活」のキーワードに何らかの形で関わりのある富山大学の研究者が、学部・学科の垣根を超え、メンバーに参画している研究会です。2009年に誕生していらい、冊子体で3号の会誌を刊行してきました。しかし2013年からは装いを新たに、機関リポジトリを活用した、恐らく日本初の「完全無料型」、「オープンアクセス」査読付き電子ジャーナルである『地域生活学研究(JIRCL: Journal for Inter-disciplinary Research On Community Life)』として再出発しました。成果発表の機会が限られてしまう、若く意欲的な研究者(大学院生や任期付き雇用、非常勤研究職)の方々に経済的負担をお掛けせず、迅速に成果を公表する機会を確保するとともに、地域の貴重な人材(ボランティア活動をされている方、NPOの方々、行政の職員の皆さまなどなど)の声を広く反映させることのできる査読付き学術誌を目標にしています。研究者やそれをめざす人はもちろん、地域の様々な分野で活躍されている方に、広く投稿機会を設けます。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=12452&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information