紀要論文 教員の経験年数や漢字指導法が児童の漢字読み書きの正答率に及ぼす影響
The influence of teaching experience or teaching method of kanji character on children’s reading and writing comprehension

高橋, 純  ,  長勢, 美里  ,  中沢, 美仁  ,  山口, 直人  ,  堀田, 龍也

10pp.53 - 60 , 2015-12 , 富山大学人間発達科学部附属人間発達科学研究実践総合センター
ISSN:18815227
NII書誌ID(NCID):AA12184405
内容記述
漢字の読み書きは学力の基礎として重要視されているが,教員は具体的な漢字指導法について悩んでいる。また,様々な漢字指導法のうち,どの指導法が効果的なのかあまり明らかとなっていない。そこで,本研究では,教員の経験年数,各漢字指導法の指導頻度,ICT活用が,児童の漢字読み書きの正答率にどのような影響を及ぼすかについて検討した。その結果,読み書きの正答率は,教員の経験年数,ICT活用歴及び漢字指導におけるICT活用頻度と関係がみられなかった。また,教員の経験年数が長いほど頻度の高い漢字指導法がみられたが,それらを用いることで,児童の読み書きの正答率が高くなるとは認められなかった。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1284&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報