Departmental Bulletin Paper 大学生の養護性とそれに関連する諸要因の性差の検討
Difference between Male and Female College Students on Nurturance and related variables

小林, 真

Description
本研究では,522名の大学生(男性292名,女性230名)に対して質問紙調査を行い,養護性とそれに影響を及ぼすと思われる4 つの要因について性差の検討を行った。その結果,全ての尺度で性差の多変量主効果が有意となり,多くの項目でも性差が確認された。養護性やそれに関連する諸要因は,全て女性の方が得点が高かった。また,性別に因子分析を行った結果,乳幼児への親和性は男女ともに同じ構造であったが,それ以外の要因では因子に負荷する項目が異なっていたり,因子間相関のパターンが異なっていた。したがって,今後は,大学生の養護性や親準備性を検討する際には,男女別に尺度を構成した上で規定要因の検討を行う必要がある。
Full-Text

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=925&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

Number of accesses :  

Other information