紀要論文 北杜夫の『楡家の人びと』のドイツ語訳について : 日独語における諧謔表現の相違を探る端緒として
Uber die deutsche Ubersetzung von Kita Morios Roman ”Das Haus Nire“ : Ein erster Versuch zu Unterschieden in Ausdrucken des Humors im Deutschen und Japanischen

宮内, 伸子

63pp.281 - 297 , 2015-08-20 , 富山大学人文学部
ISSN:03865975
NII書誌ID(NCID):AN00175930
内容記述
本稿は,北杜夫の『楡家の人びと』をそのドイツ語訳と対照させることを通して,日独語における諧謔表現の相違を探る端緒とすることを目的としたものである。
本文を読む

https://toyama.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=323&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報