学術雑誌論文 『刻うどん』にあって『時そば』にないくだり : 暑けりゃ肌脱げ、寒けりゃ袷着
The Matter of Story Is Not in 'Toki-soba', Although It Is in 'Toki-udon'.

福盛, 貴弘

14pp.179 - 194 , 2016-03-31 , 北海道言語研究会
ISSN:18826296
NII書誌ID(NCID):AA12307232
内容記述
『時そば』は上方落語のネタ『刻うどん』を三代目柳家小さんが翻案し、江戸落語に滑稽噺として定着させた。その際に『時そば』に移植されなかった、換言すれば『刻うどん』にしかないくだりの一つを本稿で扱った。本稿で取り上げたくだりは、うどん屋をほめる前にいじるくだりである。このくだりを理解するために必要な知識や背景をふまえて解説することが、このエッセイの主たる目的である。
本文を読む

https://muroran-it.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8881&item_no=1&attribute_id=24&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報