紀要論文 フランス政治司法の例外裁判所的側面の一考察 : 例外状況の理論および裁判の前の平等の観点から

橋爪, 英輔

115pp.1 - 37 , 2017-12 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 はじめに (一) 日仏における裁判制度の多元性・多様性 (二) 裁判の多様性のなかの政治司法 (三) 本稿の目的二 例外裁判所の創設と例外状況の理論 (一) フランスの例外裁判所概念 (二) フランスにおける例外裁判所の創設 1 第五共和制憲法上の法的根拠 2 アルジェリア戦争と第五共和制憲法 3 アルジェリア戦争と例外裁判所の設置 (三) 例外状況の理論と例外裁判所 1 例外状況の理論 2 閣僚裁判権と例外状況の理論 3 コンセイユ・デタによる司法軍事法院の統制(Canal判決) 4 国家安全法院と例外状況三 特別裁判手続と裁判の前の平等 (一) 平時における特別裁判手続 (二) 憲法院による特別裁判手続の統制 1 テロとの闘いおよび国家安全への侵害に関する一九八六年法律 2 一九八六年九月三日の憲法院判決 (三) 「裁判の前の平等原則」の憲法的法源四 おわりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20171215-0001

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報