紀要論文 非公開会社における著しく不公正な方法による新株発行

堀井, 拓也

114pp.31 - 60 , 2017-9 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 はじめに二 従来の不公正発行をめぐる議論(一) 不公正発行を理由とする差止め 1 沿革 2 「主要目的ルール」とその運用をめぐる議論 3 不公正発行規制の適用範囲をめぐる議論(二) 不公正発行と新株発行の有効性(三) 小括三 非公開会社における不公正発行の議論(一) 非公開会社の新株発行規制の基本構造(二) 学説・裁判例の状況 1 不公正発行と新株発行無効の訴え 2 不公正発行と新株発行の差止め(三) 小括四 検討(一) 不公正発行と新株発行の有効性(二) 不公正発行と新株発行の差止め 1 会社法二一〇条二号の適用範囲 2 「不公正発行」概念を用いる必要性 3 会社法八三一条一項三号違反と新株発行差止めの法律構成(三) その他の不公正発行の問題 1 株主割当ての方法による新株発行と不公正発行 2 取締役・取締役会へ募集事項の決定を委任した場合 3 取締役(会)による株式の割当先の決定 4 多数決濫用と新株発行の有効性五 結びに代えて(一) 本稿の要約(二) 今後の課題
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20170915-0031

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報