紀要論文 選挙区割り委員会の法理論的検討 : 米国の実践・理論を素材として

吉川, 智志

114pp.1 - 30 , 2017-9 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 はじめに(一) 選挙区割り委員会への着目(二) 米国における議論の特徴(三) 本論文の意義と目的二 抽出 : レヴィットの類型論(一) 四つの類型(二) 検討三 指標の細分化(一) 権限の強さをめぐって : エルメンドルフの慧眼(二) 委員会構成をめぐって : ケインによる細分化四 終わりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20170915-0001

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報