学術雑誌論文 〔最高裁民訴事例研究四五五〕再生債務者に対して債務を負担する者が自らと完全親会社を同じくする他の株式会社が有する再生債権を自働債権としてする相殺は、民事再生法九二条一項によりすることができる相殺に該当するか 清算金請求事件(平成二八年七月八日最高裁第二小法廷判決)

小原, 将照  ,  民事訴訟法研究会

90 ( 5 )  , pp.43 - 58 , 2017-5 , 慶應義塾大学法学研究会
ISSN:03890538
内容記述
判例研究
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00224504-20170528-0043

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報