学術雑誌論文 農地集約化の利益と資金調達方法 : ゲーム理論的考察

塩澤, 修平

110 ( 1 )  , pp.21 - 35 , 2017-4 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
内容記述
生産性の相違や土地と資本財の適正な比率などを反映した理論モデルにより, 大規模化による農業の競争力強化の可能性を考察する。まず生産性の異なる主体間での農地の貸借を, 地代を戦略としたゲームとして定式化し, 自己の農地のみを耕作する場合に比べて, パレート優位なナッシュ均衡が成立する条件を導出する。つぎに, 生産に時間を要する2期間モデルにより, 農地集約化と事業化のための資金調達の問題を考察する。第1期に資金を調達して生産を行い, 第2期には生産による収入から分配金を支払う, というファンドの組成を考え, 銀行からの借入では不可能な農業生産プロジェクトが実現可能となる条件を導出する。In this study, we discuss the possibility of competitiveness reinforcement of Japanese agriculture by large scale farmlands, formulating theoretical models reflecting the difference in productivity and the appropriate ratio of land and capital goods. First, we formulate the lease of a farmland between owners with different productivities as a game wherein rent is a strategy. We derive a condition under which Nash equilibrium is Pareto superior than a case to cultivate their own farmland respectively. Second, we consider the problem of financing methods for farmland accumulation and agricultural production using a 2-period model. We think about the composition of a fund that collects money for production in the first period and pays a dividend in the second period from the income generated through the production. We derive a condition under which an agricultural production project, impossible to initiate through a bank loan, becomes feasible.
論説
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN00234610-20170401-0021

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報