学術雑誌論文 〔民集未登載最高裁民訴事例研究四六〕不動産強制競売の期間入札において、執行官が無効な入札をした者を最高価買受申出人と定めたとして売却不許可決定がされ確定した場合に、当初の入札までの手続を前提に再度の開札期日を開くこととした執行裁判所の判断に違法がないとされた事例 売却不許可決定に対する執行抗告棄却決定に対する許可抗告事件(最高裁平成二六年一一月四日第三小法廷決定)

中島, 弘雅  ,  民事訴訟法研究会

90 ( 4 )  , pp.88 - 102 , 2017-4 , 慶應義塾大学法学研究会
ISSN:03890538
内容記述
判例研究

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報