紀要論文 中国における公訴時効(訴追時効)制度を正当化する学説についての考察

高橋, 孝治

111pp.71 - 100 , 2016-12 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 はじめに (一) 問題の所在 (二) 先行研究の検討 (三) 本稿で用いる用語および本稿の構成二 訴追時効制度の条文および学説 (一) 訴追時効制度の条文と中国の刑事手続 (二) 訴追時効制度を正当化する学説三 訴追時効制度を正当化する学説に対する疑義 (一) 訴追時効制度の運用の実際 (二) 訴追時効制度の運用実態を見た上での各学説への批判四 訴追時効制度を正当化する学説をどう捉えるべきか (一) 日本の告訴期間との類似性 (二) 日本における告訴期間制度を参考にして (三) 訴追時効制度を正当化する学説に関する総括五 おわりに
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20161215-0071

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報