紀要論文 詐欺罪および窃盗罪における被害者の確認措置の規範的意義

山内, 竜太

111pp.239 - 271 , 2016-12 , 慶應義塾大学大学院法学研究科内『法学政治学論究』刊行会
ISSN:0916278X
内容記述
一 問題の所在二 詐欺罪の成立範囲をめぐる議論 (一) 従来の議論状況 (二) 他人名義の預金通帳の詐取に関する判例以降の議論状況 (三) 暴力団ゴルフ場事例に関する判例以降の議論状況 (四) 小括三 窃盗罪における「通常の遊戯方法」をめぐる議論 (一) 詐欺罪の成立範囲をめぐる議論との関係 (二) 財産的損害および法益関係的錯誤説からのアプローチ (三) 条件設定論からのアプローチ (四) 小括四 被害者の確認措置の有する規範的意義 (一) 問題状況 (二) 被害者の取引目的の内実を問題とするアプローチの限界 (三) 被害者の確認措置の有する独自の規範的意義 (四) 私見に対して想定される批判とそれに対する応答五 今後の課題と展望
本文を読む

http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php?koara_id=AN10086101-20161215-0239

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報