Journal Article 最尤法を用いた集約ルールの設計

中村, 祐太

109 ( 4 )  , pp.615(61) - 632(78) , 2017-1 , 慶應義塾経済学会
ISSN:00266760
Description
特集 : 伝統的・非伝統的な観点からの規範経済学
本稿では, 選択肢の集合上における"正しい"社会的順序を, 投票者の順序付けから見つけ出す方法(集約ルール)について考察する。本稿の目的は, 統計学の手法である最尤法を用いて新たな集約ルールを設計し, その性能を分析することである。本稿で設計する新たな集約ルールは, 投票者たちの順序付けプロファイルが与えられると, 正しい社会的順序のトップと考えるのが"最も尤もらしい"選択肢を選び取る。さらに, この集約ルールは正しい社会的順序のトップの選択肢を, 他のどのような中立的集約ルールよりも高い確率で選び取る。This study is related to a Condorcetian problem of information aggregation that finds a "true" social ordering using individual orderings, that are supposed to partly contain the "truth". In this problem, we introduce a new maximum likelihood rule and analyze its performance. This rule selects an alternative that maximizes the probability of realizing individual orderings, conditional on the alternative being the top according to a true social ordering. We show that under a neutrality condition of alternatives, the probability that our rule selects the true top alternative is higher than that of any other rule.

Number of accesses :  

Other information